て・て・ての発見♪

毎日は驚きの発見だ!!知っていれば便利な事がたくさんありますよ。

中学生

進研ゼミ中学講座中学2年の3月再受講!紙とタブレットどっち?コースは?

投稿日:2020年3月14日 更新日:

進研ゼミ中学講座中学2年の3月再受講!紙とタブレットどっち?コースは?中学生になって進研ゼミをタブレットでスタート。
そんな娘。
あっという間に、タブのレットも開かなくなり、
中学一年の12月に退会しました。
が、中学2年の3学期、
学校では、中学3年生の0学期だと葉っぱをかけられ
勉強するようにすすめられて・・・
再び、進言ゼミを再受講することに。
再受講の決めとコース選び、
紙とタブレットどっちにするなど・・
いろいろ悩みました。

スポンサーリンク

進研ゼミ中学講座を中学2年の3月に再受講の決め手は?

中学2年生の3学期は、
ちまたでは、中学3年生の0学期として大切な時なんですね。
いままで、学校ではそこそこの成績な娘。

それもそのはず、
中学1年の冬、進研ゼミをやめる時に、
「もうぜったい進研ゼミはしない、
そのかわり自分で勉強する」と約束したんです。

進研ゼミ中学生ハイブリットスタイル中途解約?解約は電話のみ?時間帯と返金も。

そんな娘には、たまに参考書や問題集、
気に入りのカゲロウディズなんかで勉強していました。

ここにきて、娘から、
「もう一度進研ゼミを受講したい!」と言ってきたんです。

なんで、
なんで、
あんなに嫌だっていったよね。

つもりたまっていく進研ゼミの資料をみても、
ママが「勉強しろ」って言うのも
ストレスになるくらい、
話し合って、辞めたよね・・・・。

と私は思ったわけです。

まぁね・・・
子供が自ら「勉強したい」っていうんだら
受講させてあげたいとも思いまずか、
もう二度と同じような事はあってはならない。

そして、我が家は
勉強する気のない子供に、
塾なんかも全く考えてない!!

お金もかかりますからね・・・・。
【進研ゼミ中学講座】なら、続けられるしかけが満載です!
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

では、娘がもう一度進研ゼミ中学講座をやりたいっていったのを
なぜ承諾したのか?
そのポイント4つをお伝えしますね。

①学年トップの友達が進研ゼミ受講者だから。

学年トップのお友達が、
進研ゼミのタブレットコースで勉強しているから。

部活も忙しくて、
ピアノもしているのに、
進研ゼミでトップを維持できている事をきいていたからです。

②娘の中の良い友達も進研ゼミ中学講座だけだから。

娘の幼なじみ、一番仲の良いお友達も
進研ゼミ中学講座の紙のコースを受講。
そのお友達も、娘より頭がよいのに、
塾にもいがす、進研ゼミのみで勉強しているから。

そして、そのお友達のママにきいたところ、
お友達のお姉さんも中学三年の受験対策も
進研ゼミのみで、都立の偏差値70の高校に進学したとのこと。

真面目にちゃんとすれば、
結果が伴うことがわかっているから。

③期末テストの問題にまったく同じ問題がでていた!

娘の得意な科目は、理科。
その理科で「進研ゼミでみたのと同じ問題がでていた」とお友達情報。

学校のテストが良いだけでもダメだかけど、
内申点にもかかわる大切な事でもある。

生活態度とともに、学校のテストも頑張ってもらわないと・・・。

④もう後はない塾には行かない!

実は、小学校の頃から考えると、
進研ゼミは再々受講。
三度目の正直となりす。
これで、勉強しなけれは、自己責任。
「うちは高校いかなくたっていいんだからね」ということで、
最後の約束、塾にもいかず、
進研ゼミで都立高校を狙う事。

⑤タイミング良く届く資料とおかえりなさいゃんキャンペーン

進研ゼミは資料断わったはずなのに、
ずーーーと届いていました。
そこの中学生の漫画を読むと、
部活を頑張りながらも志望校受験にがんばる子供達。
これが、ちょっと楽しくなってくる。

スポンサーリンク

そんな時、一緒はいっていた「おかえりなさいキャンペーン」
まさに、再受講の娘の事じゃないか!!
進研ゼミ中学講座再入会おかえりなさいキャンペーン
これが最後のチャレンジだぞ。

中学講座中学3年紙にするタブレットにする?学習スタイルは?

中学一年のときは、タブレット受講。
そのほうが、隙間時間もつかえて、
しかも、タブレットを面白がって毎日勉強してくれとる思ってました。

が、結果、タブレットの繋がりが悪く、
イライラしているうち勉強もしなくなる、
好きも時間も使えない。
他の勉強もしない・・・と悪循環になっていました。

進研ゼミタブレット繋がらない中学生講座がはかどなにい?改善された?

で、前回やめる時に、
タブレットを初期化してしまっていました。
進研ゼミ以外に使えないかなぁ~って。

なので、もし娘がタブレットで再受講したいというなら、もっと精度の良いタブレットがもらえると思っていたんです。

そして、再受講の電話をして知った事!
タブレットは、1人一台までしかもらえないって事。
再受講しても、無料で新しいタブレットはももらえません!!

もし、また、タブレットで受講したい場合は、
19800円で購入するという事でした。

えぇぇぇぇ~

ただでさえ、
受講料を12カ月一括で払えば、
82680円かかります。

1か月6890円。
塾に比べれば安いけど、
さらに19800円なんて、出したくない!

ということで、有無を言わせず「紙」でのオリジナルスタイル受講となりましたた。

まぁ~、おさななじみの子も紙ですからね。
2人で勉強するにはそれもいいかも・・・ということで。

とりあえず、紙のオリジナルスタイルで申込ましたが、
前々月の25日までに申し込めは変更も可能。

今回、4月号から受講ですが、
5月号からタブレットのハイブリットスタイルの変更したいなら、
3月25日までに変更を申し込めばいいとの事です。

後からわかったのですが、
初期化してしまった進研ゼミタブレットですが、
電源がはいり起動できれば、
サポートセンターに連絡して
使えるかどうか確認できるとの事でした。
我が家は電源も入り、起動したので、
タブレットに切り替えても、19800円は支払わなくても良さそうです・・・。
ホッと一安心となりました。

教材のコースはどする?

教材の難しさを選ぶって事ですね。

1.受験総合コース
2.難関挑戦コース
3.最難関挑戦コース

我が家は・・「受験総合コース」にしました。

コースもいつでも変えられます。
学習スタイルと一緒で、前々月の25日までに変更を申し込めばいいみたい。

いきなり難しい内容で、勉強するのが嫌にならないように。

ちなみに、娘は「英語」と「数学」が苦手です。

申し込みの仕方と支払い方は?

我が家は、再受講ですし、
12か月一括の82680円をカードで支払いたかったのでね
電話しました。

教材は、電話とweb連絡の場合は、4日前後で到着となっています。

そして、ちょうど4日目に教材がとどきました。

今、コロナ問題でずーーーーと家にいる娘。
進研ゼミをスタートさせるには
ちょうど良い時期だったと思ってます。

再受講の娘よ~。
高校生活がかかってるんだぞーーーー。
頑張ってほしい思います。

進研ゼミ中学講座再受講のまとめ

我が家は私立受験考えてませんし都立一本の予定。
そのあたりは、本人もわかっているようですし、
自分の実力にあった高校に進んでもらうしかない。
だけど、プライドもあるらしい。
受験生の一年進研ゼミのみで頑張ってもらいましょう。

もう絶対やめないで続けてもらいます!!
【進研ゼミ中学講座】なら、続けられるしかけが満載です!


-中学生
-, ,

執筆者:

関連記事

進研ゼミ中学生タブレット

進研ゼミ中学生ハイブリットスタイル中途解約する?解約は電話のみ?時間帯と返金なども。

中学生一年生になり、 再び進研ゼミをスタートした娘。 今度こそは、勉強がんばるだろうと・・・ タブレット中心のハイブリットコース6か月を申し込みました。 が、なかなか勉強する感じがない。 タブレット( …

中学生通学リュック女子大容量を楽天で購入!!決め手は?

悩んでいた中学生通学用リュックを購入しましたよ。 スポンサーリンク いろいろいろいろ私が見た中で、 男女兼用でも女子が使っても可愛らしなる しかも大容量・・って要求多いけど、 ほぼ一目惚れで購入したリ …

進研ゼミ中学生タブレット

進研ゼミタブレット繋がらない中学生講座がはかどらない改善された?

中学生になるのを機に、 進研ゼミをスタート。 小学4年で一度チャレンジをやめている経験があり、 今回は本人がタブレットなら続けられる」 との事でスタートしたのに・・・ 進研ゼミタブレットが繋がらない、 …

中学生脇毛処理はカミソリ?使用頻度と注意点!

中学生になった剛毛女子の娘。 保育園のころから、ムダ毛かきになり、 除毛クリームを使っていました。 肌に優しい除毛クリームから、 自分でできる処理となるとカミソリに。 お肌を傷めず、安心に使う注意点と …

中学生通学リュック女子におすすめなのは?大きさ丈夫さ内容量は?

春から中学生の娘。 中学校生活の準備って結構お金がかかるんですねぇ・・・ 制服に体操着に通学リュックに上履きなどなど。 通学リュックて決まりがあるようで決まりがない。 おススメがあるけど、それじゃなく …

プロフィール

プロフィール

はじめまして吉祥寺在住の主婦「ゆきみ」です!!
ブログのタイトル「て・て・て」というのは、両親の住む山梨の方言で驚いたときに使うんですよぉ~♪
離れて住む両親の事など日々気になる事を記事にしています。